逆流性食道炎と胃潰瘍

逆流性食道炎と胃潰瘍は重複する症状が多いです。
胃もたれ、胸やけ、ゲップ、背中の痛みの症状はどちらの疾病でも生じます。
胃は、粘膜の層が重なり作られています。
その粘膜層の表層に傷や欠損があることを「びらん」と呼びますが、
それよりも深いところの欠損は「潰瘍」といい出血することが多いです。

ですから、胃潰瘍では吐血や、血便などがおこりやすいのです。
この点は逆流性食道炎では起こりません。
胃潰瘍の原因は色々と考えられますが、過剰なストレスや、
ヘリコパクター・ピロリ菌への感染があげられます。

その他にも喫煙や大量の飲酒、不規則でバランスの悪い食生活などが関係してきます。
このように胃の粘膜を守る防御機能が壊れていき、胃液が粘膜を傷つけて胃潰瘍になるのです。
逆流性食道炎は、胃酸が逆流性食道に炎症がおきてしまう疾患です。
原因はいろいろありますが、過剰なストレス、喫煙や大量の飲酒、
不規則でバランスの悪い食生活などは胃潰瘍の原因と重なりますが、
さらに、肥満や妊娠が原因でなるかたもいます。

細川式逆流性食道炎改善法レビューより