計画的に行うクレジットカード現金化について

現金が必要になった場合は消費者金融で現金を借りるという方法がありますが、審査が厳しくて職業や年収や家族構成などの情報を伝える必要があります。

他にはショッピング枠で購入した商品を買取店などに持ち込んで現金を得るという方法がありまます。

これをクレジットカード現金化といい、業者に依頼する場合でも借金ではないので厳しい審査はありません。

偽造カードや盗難カードの不正利用でないことを確認するため、カード名義人と申込者が一致しているかどうかなどの確認が取れれば利用できます。

ただし、計画的に行う必要があります。クレジットカード現金化で一時的に現金を得たとしても、後でカード会社に代金を支払う義務があるので損をすることになります。

例えば、業者の指定する換金率80%の商品をショッピング枠を使って10万円で購入し、商品をその業者に売却すると8万円の現金が得られます。

しかし、後でカード会社に10万円支払う必要があるので、2万円借金が増えることになります。

また、カード会社に一括払いができないときは、カード会社への手数料が発生します。

したがって、多重債務に陥る可能性があるので注意が必要です。

一方、業者を使わずに自分でクレジットカード現金化を行うことも可能で、審査は必要ありません。

やり方次第では高い換金率になります。ただし、上手に買取店を見つけなければ買取金額が非常に安くなるので注意が必要です。

また、カード会社に発覚してカード利用停止になる可能性が高いので、業者に依頼する場合と同様に計画的に行うことが大切です:評判の高いビックギフト

 


タグ :